医薬品の輸送に関する基準

category01

現在、日本の医療機関で保険診療に使われている医療用の薬は、実に約1万6000種類もあります。

医薬品は人の命に関わる物ですから、製造だけではなく輸送や保管中も劣化や変質は絶対にあってはなりません。

WHO(世界保健機構)には輸送や保管中の品質を確保するために、医薬品の適正流通基準(GDP)というガイドラインが定められています。GDPは、GoodDistributionPractideの略です。しかし日本国内では、現段階ではまだ医薬品の輸送や保管に対する公的な規制はありません。



現在は、薬事法や一般社団法人日本医薬品卸売業連合会が定めた、「医薬品の供給における品質管理と安全管理に関する実践規範」を自主的なガイドラインとして採用しています。

お薬を飲んでいる人たちは、製造も輸送も保管も万全の態勢で安全確保に努めていると信じています。

安全なお薬だと信じて服用しています。
お薬を飲むことで命を繋いでいる人も少なくないでしょう。

定温輸送に出会えて満足です。

近年は、生物学的製剤(バイオ製剤)や副作用の少ない抗がん剤と言われる分子標的薬などの開発も次々に進んでいます。

教えて!goo情報は必ず役に立ちます。

今後ますますお薬の種類は増え続けて行くでしょう。
日本の医療は、世界の中でもトップクラスだと言われています。

世界を引っ張っているのが、日本の医療だと言う人も数なくありません。
お薬は、製造中から患者さんの手元に届くまで、安全であることが必須条件です。

日本でも、WHOのGDPへの対応が必要だと、多くの専門家が述べています。


売買について思うこと

category02

海外旅行に行く際に、常用している医薬品がある人は必ず医師や薬剤師に海外旅行に行く予定だということを早めに伝えましょう。日本では禁止されていない医薬品であっても、他の国では禁止されているケースもあります。...

subpage

売買をもっと知る

category02

半導体やコンデンサーなどパソコン内部で使われている半導体や関連部品は、使用温度によってその寿命が大きく変化します。5万円のパソコンでも30万円のパソコンでも壊れる時は一瞬で、突然やってきます。...

subpage

皆が知りたい情報

category03

保冷箱とは、特定の物を保温して持ち運びする時に使用する容器のことで保冷用容器などとも言われています。主に容器内の低温環境を保つことや、持ち運びをしやすくすることを目的としています。...

subpage

耳より情報

category04

保冷箱の活用法の1つとして、簡易クーラーが簡単に作れ、夏場などに重宝するアイテムとなります。作り方は、安価な発泡スチロールタイプの保冷箱を用意し、蓋の部分に縦長の穴を幾つか作るのですが、イメージとしては賽銭箱のような感じで縦長の穴を作り、保冷箱本体の側面に1ヶ所だけ10cm程度の丸い穴を開けて完成となります。...

subpage